CKDの治療には食事療法が大原則になります。がんばれ!!

CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、日頃のご飯よりも蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、実施に及ばない方も多々見かけます。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することにつながります。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を選びましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。薄味でもおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質の制限が必要な方に適したサプリメントとして市販でも購入できる「腎臓病 食事 宅配ランキング」があります。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょうだい。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、日常的に規則正しい生活をつづけることにより健康な人と同じように生活することが可能です。ところが、腎臓病の中には結構進行するまで自己判断が難しいものもあるので、予防が中々難しいのも現実です。毎日の生活の中で普段と違う尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。腎臓はソラマメに似た形をした臓器で腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが無数に存在するのです。腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどの我々の体にとって大切な働きをしているのです。理想的なL-シトルリン、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重を約60kgと仮定すると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で確認できます。このようなご飯療法については、栄養士の指示でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。腎臓病が徐々に進展してくると一般的に腎不全へ移行します。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経てじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化指せた原因を取り除くことができれば、腎臓の機能回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と一緒に腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、だんだんとカリウム(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)の排泄能力が低下していくことが多く、体内へのカリウム(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、排泄されるカリウム(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)の量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や果物とくらべてカリウム(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)含有量は極めて高いものが多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに高カリウム(体重1グラムに対して、2グラム存在するとされており、一日の所要量は2000ミリグラムだといわれています)血症の症状が顕れるおそれがあります。。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、また献立の工夫や、それぞれに似つかわしい食塩の減らし方などを教えます。例えば低たんぱくご飯療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。患者さんが実際にどれくらいのペポカボチャ食塩を体内に取り入れているかをチェックします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、ペポカボチャ食塩の摂取量を分析できます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっているんです。尿を作る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓に関する治療は病院に行ってそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、普段から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。一度失われてしまった腎臓の機能は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、未然に腎臓の機能低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではないんです。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほか多種さまざまな治療法も増えているので、患者自身の願望に沿った治療を受けることができます。